リレー小説

怪物
Monster

序章『ある研究者の叫び』

記:文矢さん

少し、話をしようじゃないか。

 科学というのはどういう物だと思う? 生活を良くする物。世界の全てを作っている物。色々な意見がある。

それでは、それについての真実を教えようか。

 科学とは、「人を滅ぼす物」だ。それ以外の何ものでもないと私は思う。他に的を射た答えがあると思うか?

 それではそろそろ幕を開けよう。一秒たりとも見逃さないように――

 

怪物 序章「ある研究者の叫び」

 

 いつもは気にしない心臓の音が、今はハッキリと聞こえた。集中しているからであろうか。それとも俺が死んでもおかしくない

状況下にいるからであろうか。多分、その両方だ。

 ここは研究所だ。都会からは隔離されている研究所。ここで、俺は日夜働いていた。同僚と一緒に。ずっと。そして、その研究の

成果はとんでもないものだった。その研究の成果は目の前にいる。「怪物」だ。

 目の前にいる「怪物」を睨みつけた。睨みつけても、状況は何も変わらないのに。おかしな事だ。だが、一分間程俺は奴を

睨み続けた。頬を冷や汗が伝った。

 周りの光景が、閉じていくように感じた。この世界に存在しているのはあの「怪物」と俺の二つだけのようにも感じた。

時間さえも、経っていないかのように感じた。

 先に動いたのは、「怪物」だった。奴の叫び声が頭に響き、その間に俺の体に激痛が走った。床に俺の血が大量に垂れたのを

確認できた。やばい。

 手に持っている熱戦銃を奴へと向ける。だが、それも無駄な行為だった。向けた瞬間、奴は俺の視界から消え去った。

何処にいるのかも分からない内に、今度は背中に激痛が走った。

 意識が朦朧としてくる。奴は何処にいるのか。俺の周りの何処にいるのか。何もかもが分からなかった。目で周りを見るのすら、

痛みを感じてきた。痛い。痛い。痛い。

 怪物の鳴き声が聞こえてくる。「ガオー」とかそんな優しい鳴き声じゃない。人の悲鳴よりも何倍もタチの悪い鳴き声だ。

 痛みを感じる中、俺はその鳴き声の方向へと熱戦銃を向けて引き金を引いた。だが、怪物の叫び声は聞こえなかった。

――外した。いや、外してしまった。

 そして、また激痛が走った。怪物に、やられた。

 幾つもの出来事が頭の中を駆け巡った。怪物。龍。特殊。熱戦銃。同僚。死。お袋。血。赤。痛み。嘘。開発。嫌だ。嫌だ。嫌だ。

 目から涙がこぼれた。俺がこんなものを作らなければ良かったんだ。俺がこんなのを作るから、こんな事になってしまったんだ。

「ああああああ!」

 わけ分からない事を叫びながら、熱戦銃を撃ちまくった。もう体中から力が抜けていっている途中だった。もう死んでいく途中だった。

でも、最後の力を振り絞って撃ちまくった。

 怪物に当たるわけがない。そう思いながらも、撃ちまくった。研究所が壊れていくのが分かった。この研究所の思い出も

俺の頭の中を駆け巡った。

 コンクリートが俺の体に当たった。痛さすら感じない。俺が死ぬ事は間違いないだろう。生きる方法なんてこの状況だともう無い。

 俺は倒れていった。血がダボダボと垂れていく――

Ver.a
第一章「真紅の血液」抹消さん第二章「第二のアルティメットシイング」ケイジさん
第三章「傷跡」すずらんさん第四章「顔の形」ミサイル研究所さん
第五章「焦燥」じおす第六章「医師」文矢さん
第七章「天気予報」抹消さん第八章「謎の団体」ケイジさん
第九章「暴走」すずらんさん第十章「幸運」じおす
第十一章「後悔」文矢さん第十二章「コードネーム・ケーブル」抹消さん
第十三章「もう戻れない」ケイジさん第十四章「未来への架け橋」ミサイル研究所さん
第十五章「潜入」じおす第十六章「近藤さん」文矢さん
第十七章「クロックタワー」抹消さん第十八章「協力者」ケイジさん
第十九章「精巧な罠」ミサイル研究所さん第二十章「能力」文矢さん
第二十一章「監獄」抹消さん第二十二章「襲撃」ケイジさん
第二十三章「鈎十字の悪夢」ミサイル研究所さん第二十四章「犬さんの実力」じおす
第二十五章「能力2」文矢さん第二十六章「人をさばかば」抹消さん
第二十七章「快感」ケイジさん第二十八章「疑問」ミサイル研究所さん
第二十九章「悪夢」文矢さん第三十章「アマデウス」抹消さん
第三十一章「作戦開始」ミサイル研究所さん第三十二章「神よ神」じおす
第三十三章「終わりと始まり」文矢さん第三十四章「本当の始まり」抹消さん
第三十五章「カオス」ケイジさん第三十六章「カオスの渦」ミサイル研究所さん
第三十七章「取乱」じおす第三十八章「果物酒」文矢さん
第三十九章「フレイム・オートライター」抹消さん第四十章「ミレニアム」ケイジさん
第四十一章「再戦」ミサイル研究所さん第四十ニ章「失敗作」じおす
第四十三章「哲也」文矢さん第四十四章「冷戦時代」抹消さん
第四十五章「暗躍の影」ミサイル研究所さん第四十六章「勃発濃厚」じおす
第四十七章「ルーツオブアルティメットシイング」」抹消さん第四十八章「瑞西【スイス】」ケイジさん
第四十九章「AGE OF EMPIRE」ミサイル研究所さん第五十章作者名

 

戻る

 

 

歓送迎会特集【ホットペッパー】 Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store大阪水茄子の伊勢漬物
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 海外ホテル