第二十四章
「犬さんの
実力」

(記:じおす)

「グオオオオオオオオオオ!」

こいつは、一体――? 犬さんは、犬(犬ではない。確実に。狼にしてもでかすぎる)

に変身した。ふいに、俺の体が宙に舞った。

『バリバリバリ!』

奴さんの頭がすぐに天井につき、いやもう既に突き破っていた。コンクリートのかけらやら、支柱の残骸やらが降ってきた。

「というか、ここにいたら危なくない――?」

犬さんはもう一度吠えた。今度は、低気味に。ダッシュで右側の窪みにもぐりこんだ。その途端、ズシン。

危うく踏み潰される所だったぜ――とにかく、ここは奴さんに任せるしかないだろう。まだ自分の能力が分からない。

能力の使える奴はいいが、俺みたいに使えない奴はただの非力な一般人だ。あっという間に銃の餌食になるだろう。

『撃て、撃て〜〜〜〜〜!』

上官らしき奴が命令している。目だし帽で、顔はよく分からないが。

ガガガガガガガガガガガガガガ

十人位で、一斉に射撃してきやがった。畜生。ここにまで火の粉が飛んできたら厄介だぞ。

 しかし――犬さんには効いていなかった。確かに銃弾は当たっているが。

『グオッ!』

犬さんはまず鋭く尖った爪をガリガリと砥いだ。

もしもこの時、襲撃者が逃げ出していれば、即死は避けられたに違いない。




『瞬速爪雷』



「ビッシャァァァァァ!」

一瞬、何が起こったのか分からなかった。だが――遠くに見えたのは、赤い

塊だけだった。死んだのだ。大型の自動拳銃がポッキーなみに細切れになっていた。

「つ、強ぇぇ……」

俺の能力覚醒が、早々に来ることを改めて実感した。

 

第二十三章へ 第二十五章へ

Gポイントポイ活 Amazon Yahoo 楽天

無料ホームページ 楽天モバイル[UNLIMITが今なら1円] 海外格安航空券 海外旅行保険が無料!