第四十三章
「哲也」

(記:文矢さん)

  哲也、どうして死んだんだ―― 仏壇の前に来ると、いつもこう思っちまう。あの馬鹿息子の。親にずっと会いもしねぇで

死にやがった馬鹿息子の。いや、大馬鹿息子と言った方がいいかもしれない。

 あの日の事が、完全に思い出せる。妻の亜紀はいつも通り、家で家事をやってた。俺は寝転がって、テレビを見ていた。

いつも通り。本当に、いつもみたいだった。

 そして、電話。あの時に取らなきゃ、こんな事は無かったのかと思った時もある。いや、馬鹿らしい。事実は、哲也が死んだ

という事実は死んだというのは変わらないからな。

 ため息をついた。そういや、あの電話が来たのはこれぐらいの時間だったな。別に、また電話なんて来るわきゃあないが、

憂鬱になる。らしくもない。こんな親父がだ。

 その時、インターホンの音が聞こえた。亜紀が玄関の方へとバタバタと音をたてて行く。来訪者だ。線香でもあげに来たのだろうか。

まぁ、どうでもいいが。

 来訪者の名前が分かった。亜紀の馬鹿でかい声でだ。

「あら、裕香ちゃん! また来てくれたの?」

 裕香ちゃん―― 哲也の彼女だ。中学生の頃から哲也と付き合っていた美人の女。あの馬鹿息子には勿体無い程の。

確か、哲也の子を孕んでいたんだっけ。哲也が死んでから毎日、来てくれている。

 裕香ちゃんは、玄関からすぐに仏壇の前に来た。俺に対して、挨拶をし、俺が仏壇の前をどくと哲也に「挨拶」をした。

本当にこの子、哲也の事が好きだったんだなと実感する。

「たくっ、酷いですよね」

「は?」

 裕香ちゃんが急に、俺と亜紀に向けて言い放った。その声は、何処かした悲しさが混じっているように思えた。

哲也に対しての「酷い」なのであろう。

「私みたいな彼女を残してさ、勝手に死んじゃうなんて」

 裕香ちゃんは、そうやって涙を零した。亜紀もそれにつられて、涙を流しちまって。たくっ、女の涙なんて俺は見たくねぇんだけどな。

少し、文句を言いたくなる。

 その後、裕香ちゃんは帰って行った。そして、その後も毎日毎日、裕香ちゃんは哲也に「会いに」やって来た。自分にだって

仕事があるだろうに。哲也がどんだけ幸せ者なのかがよく分かった。

 そして、今日もやって来た。仏壇の前へと、静かにやって来る。もう、これが亜紀にとっても俺にとっても日課になっている。

そして、俺は今日、思っていた事を言った。

「哲也の事は……忘れてくれないか?」

「あなた!」

 亜紀が驚いた声でそう言った。裕香ちゃんも、驚いている。俺は続けて、また言う。

「あんたは若くて、美人だ。いつ間でも哲也なんかに縛られないで」

「嫌です!」

 俺が言いかけた時、裕香ちゃんがそう言った。思わず、俺も亜紀も黙ってしまった。裕香ちゃんの目からは、涙がこぼれていた。

「哲也は、哲也は……どんな時でも私の傍にいてくれたんです」

 ポロポロと裕香ちゃんから涙がこぼれる。

「だから、それ以上の人なんて私は見つけれません!」

 その言葉を聞いた時、俺はこう思った。

 哲也の奴は、どんだけ幸せ者なんだ――

 

第四十二章へ 第四十四章へ

テレワークならECナビ Yahoo 楽天 LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!
無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 海外旅行保険が無料! 海外ホテル