Aqua-Man50

                  nupanさん

プロローグ

―マーク研究所―

研究所の内部にあるカプセルの中核に“何か”の細胞が浮かんでいる。

その細胞から水色のドロドロした液体が出てきた、何秒かすると肉体になり…クローンになった。

カプセルを“何か”突き抜けカプセルが破裂した。“何か”は研究所を抜け出し、真夜中の都心へと向かって行った…。

―2056年―

人間とクローンの核戦争が起こっていた。

町は吹き飛び、何万人もの遺体が横たわる景色がどこまでも続いていた。

そんな中、霧の向こうに巨大な機械が来て、わずかな生存者に攻撃してきた。

次々と死んでいく人間。残るのは無惨な遺体だけ…

一体50年前に何があったのか…マーク博士はクローンを消滅させるべく、50年前にさかのぼる…。

 

第一話

―50年前―

マーク博士の目の前に現れたのは、昔、懐かしい2006年の世界だった。

「懐かしいな、この目を疑うほどだ。」

「そんな事している場合じゃないよ、博士。」

「おっとそうだった、ミゲル。行こうか。あの事件の発端場所に―」

「ヒャヒャヒャヒャヒャ!」

「やめろ、止めるんだ!」

ドガーン!ダーン!バッコーン!

「この力で世界を変えてやる、そして俺は、新世界の神になる!」

ダッダッダッダッダ…―

「世界は、滅ぶ…」

事件を思い出した博士は、急に足が早く動いた。せわしく動く足が急に止まった場所は、マーク研究所だった。

研究所は丸いドーム状になっていて、屋根がガラスで出来ている、近未来的な研究所だ。しかも高さが35mもある。

オフィスのような所だった。

「事件はまだ後だ、待とうよ。」

「いいや、根本的に50年前の自分に止めさせなければ。」

「善は急げってわけですか。」

「そういうことじゃ。行くぞ。」

2人が研究所に入っていくと、庭から物音が聞こえた。

その正体は二頭身の合金で出来たロボットだった。それも20体前後いる。

20体のロボット達は研究所の壁によじのぼり、物音を立てずに登っていった。

―20階―

頂上はコントロールパネルになっていて、エレベータの先に通路が架かっている。その先には、コンピュータがぽつんと置いてある。

通路は高架橋のようになっていて、下に電線が張り巡らされている。

その下には、30メートルの下の応接間だ。

「やっと着きましたね。頂上のコントロールパネルに。」

「ああ、後はコントロールパネルのプログラムを変えるだけたが…巧くはいかないようだな。」

2人は丸いガラスの屋根に注目した。

「ロボットだ!」

「AqaMan-50(アクアマン)の手下か?」

ロボット達はガラスを突き破り、2人に襲い掛かってきた。

 

第二話

ワタシハ、2006ネンノ4ガツニウマレタ。

デモ、オチツキガナカッタ。

ワカラナイケド、モノヲコワシタクナッタリ、ヒトヲコロシタクナッタンダ。


マヨナカノヨルノコト、ヒトモ、マチモ、カカガイテイナカッタコロ、ソンナワカラナイ、ウヤムヤノココロデイルト、

メノマエガ、マッカニナリ、ゴオゴオト、アツイカゼガソコラジュウヲマキコミ、スベテヲマッカニシテ、イクツカタッテ、メヲアケルト、

マックロナタテモノガ、ヨコタワッテ、オオキナケムリガ、クウキノナカヲツツンデイタ。

 


キヅイタラ、ワタシノトナリニ、ナンゼントイウ、ロボットガイタ。サッキノカンジョウヲオモイダスト、ロボットタチガイッセイニチラバリ、

ニンゲントセンソウニナッタ。


ワタシハ、Aqa-Man50。



ロボットとの大戦が続いている。

博士、ミゲルは、必死の混戦にまだ耐えていた。

「触れさせるもんか、絶対にな!!」

ミゲルの放った銃弾は、鈍い音をして、ロボットの鋼にぶつかり、撥ね返った。

まさに完全無欠の身体だ。舌打ちをし、もう一発、銃弾を放ち、素早いテンポでその場を離れた。

「博士、もう対抗できません。」

「そうか、なら奥の手だ。」

「そ、それは……。」

博士の手から、鉛のような黒い物体が取り出された。少しの爆風と大量の煙を放つ、小型の爆弾だ。

威力は小さいが、一定の間、視覚を失わせる力がある。今の状況にピッタリの爆弾だ。タイマーをセットし、博士はロボットの周りに投げつけた。

「逃げるぞ!ミゲル。」

「はい。」

二人がエレベータに乗り込み、ドアが閉まった直後、あたりは闇に包まれ、ロボットに混乱を起こした。

「今日の夜、コントロールパネルに忍び込もう。」

―そして、夜―

昼間の事件があった20階。

博士が研究所内に忍び込むのは、いとも簡単だったろう。

「博士、チャンスです。」

「これから歴史が変わろうとするんだな……。」

「ソウハサセナイ」

「誰だ!?」

「ワタシハ、アナタノハツメイヒンデスヨ。」

「やはり、そうだったか。」

「アナタハムセキニンデスネェ。」

「ロボットニ、ヤサシサトイウプログラムヲモラッテマセンヨ。」

「すまなかった。許してくれ。」

「アナタハ、ワタシヲデリートシヨウトシタ。」

「ナニカ、ムジュントイウモノガアリマセンカ。」

「……。」

沈黙の時間が続いた。

両者は動じることなく、その場に立ち尽くした。

 

第三話

「モウスグ、ワタシハウマレル。」

今日は、2006年4月1日。Aqa-Man50が生まれた日。あと3時間で、戦争は始まる。歴史の歯車は再び廻り始めた……。

それは3人の頭にももちろん入っていた。

「コントロールパネル二ハ、ワタシガホゴサレテイルハズダ。」

「コントロールパネルには触れさせない!」

「ミガッテダ!ニンゲンハ、ミガッテダ!!」

「それは違う!」

「ロボットハ、ニンゲンノタメニウマレテキタノデハナイ!」

「キサマラヲホロボスタメニウマレテキタノダ!」

「何だと!」

「ソレガセイギナノダ!ロボットガコノヨノスベテダ!!」

「その為に未来から来たのか!」

「キイテミヨウ。キサマニトッテノセイギッテナンナンダ!」

「教えてやろう、本当の正義とは。」

「人間とロボットが共存できると思って、私はお前を作った。」

「……。」

「お前は、この世界の平和の架け橋なんだ!」

「ソンナキレイゴト、サンザンワタシハキイテキタ!」

「モウタクサンナンダ!!」

「確かに、これまでの人間は血みどろの歴史を繰り返してきた!」

「今、この世界は変わろうとしているんだよ!!」

「シンセカイダト……。フザケルナ!」

「時間が無いんだ!力を貸してくれ。」

「シマツスル!」

バン!!

一発の銃弾で、歴史の歯車は逆回転した。

打ったのは、ミゲルだった。

Aqa-Man50は非常に攻撃に弱いので、その場で倒れた。

「ヤハリ、ニンゲンハミガッテダ。」

「ワタシハ、シンデモキサマヲワスレルモンカ……。」

「……。こうするしか仕方が無かったんだよ、博士。」

「私は、とてつもない失敗をした。」

「そうですか?」

「あいつには、悪い事をしたような気がする。」

「また、歴史はやり直せます。」



「私は、いつかそんな日が来ることを信じている。」

「ロボットと人間が共存できる、その日を……。」



コントロールパネルのプログラムは変えられ、

Aqa-Man50の息は消し止められた。



―50年後―

ミゲルは語る。

ロボットと人間はともに生活をしていた。まさに、平和そのものの世界だった。

マーク博士はロボットと人間の共存に一生を捧げた。もちろん、Aqa-Man50も同じだと。思う。



でも本当に、これで良かったのかな……。博士。

僕は、あの出来事を無駄にはしません。



終 

今まで応援ありがとうございました。

 

感想

かなり面白いです!これからも頑張ってください!
なんせ僕シリアス苦手なもんで・・・。
ケイジ 20点

 

小説感想用フォーム

名前

メールアドレス(任意)

感想 


戻る

あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券