風を切る

第二部 「天才」

マサリンさん

プロローグ

 「さて・・・そろそろ・・」

新幹線のなかでは,戦争を終え、

帰宅する兵士でいっぱいだ。

「東京駅、東京駅」

ぞろぞろと兵士が新幹線からおりた。

プロローグ

「ハァハァ・・・つ・・・ついたぁ」

僕の家だ、ドラえもんがいる、

とにかくうれしかった。

ドラえもんに会えるし、なにより、―自分の死や、仲間の死を恐れることはない。

僕は急いでドアを開けて、二回に駆け上る。

「ドラえもん!」

「の、のび太君!」

うれしい、うれしい。

以前ドラえもんが未来から帰ってきたより、

僕が帰ってきた側なのにうれしい。

僕は夢中でいろいろな話をした。

どうだった。こうだった。

そんな言葉の繰り返しが、すごく楽しい。

「帰ってきたんだ、やっと・・・」

続く

これから出かけます。短くてごめんなさい。

次は出来るだけ長くしますんで

 

この話は続きます。

 


 

小説感想用フォーム

名前

メールアドレス(任意)

感想 


 

 

戻る

あみあみ Amazon Yahoo 楽天 NTT-X Store

無料ホームページ 無料のクレジットカード 海外格安航空券 転職 海外旅行保険が無料! 格安航空券